悩み解消 Happy smile > 体臭は消える?

2011年09月13日

体臭は消える?

人気ブログランキングへ

40歳頃からは若い頃にはなかった体臭成分が発生します。
汗腺のそばにある皮脂腺から出る脂肪酸が変化してできるノネナールという
物質です。
ノネナールは女性にも発生しますが、一般に女性は「清潔」に対して敏感な
ため、男性ほど匂いが強くなりません。

脇の下や耳の後ろなど汗をかきやすいところを念入りに洗うのはもちろん、
制汗効果のあるパウダーやスプレーを使ったり、入浴後にボディーパウダーを
使うのも効果があります。

また、匂いは衣類に移って残るので、洗濯やクリーニングをまめにすることも
必要。

抗酸化作用のあるビダミンCやビタミンEを含むレモンやキウイを食べても
消臭効果が期待できます。

参考文献:『常識力@健康.com』 川嶋 朗監修 講談社


自分では気が付かないことの多いニオイでも、周囲は気になって仕方がない
ニオイがあります。
その中でも特に気になるニオイは、口臭や加齢臭です。

ノネナールという物質は、特に皮脂の多い頭や首の後ろなどで多く発生し、
汗や汚れから出る一般の体臭と混ざり、強い体臭となります。

この原因物質は 資生堂 が1997年に世界で初めてつきとめました。

ニオイが気になる時、一般的には殺菌や消臭などをして自分の体臭をできる
かぎり消そうとします。
しかし、加齢臭はどのような対策を行っても、完全に消すことはできません。


資生堂の研究所ではこのニオイの研究が続けられ、対応策が確立されました。

それが、機能性香料によるハーモナージュ効果で、いやな匂いを良いニオイに
変える
という考え方です。

ある香料を組み合わせることにより、全く気にならないほかの香りに変化
させることを、ハーモナージュ効果と呼んでいます。

例えば、華やかなジャスミンの香りを分解すると悪臭になるそうです。
その悪臭が組み合わさってジャスミンの華やかな香りになっているのです。

そして、
ノネナール + カシスグリーンの香り  ⇒ 良い香り
という構造を見つけ出しました。


すっきりさわやかなカシスグリーンという香りを開発した結果、生み出された
商品が ジョイフルガーデン です。

ジョイフルガーデンは、自分の体臭を活かしながら嫌なニオイ(ノネナール)を
カシスグリーンの香りが包みこんで、いいニオイに変えることができるのです。

商品としてシャンプー、リンス、ボディーソープ、石けんが発売されています。


皮脂や過酸化脂質は日々体から分泌されます。
ニオイの対策には、毎日のケアが大切。
毎日、洗って清潔な肌の状態を保ちましょう。


こだわり商品研究所



ラベル:健康 日用品
posted by green at 08:00 | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。