悩み解消 Happy smile > ワインの効能

2012年11月11日

ワインの効能




PhoTones Works #891 / PhoTones_TAKUMA



ワインはポリフェノールによる健康効果もあり、肌や血管の健康を守ってくれます。


【赤ワインの効能】
 
老化防止効果
ワインの渋みと色の成分であるポリフェノールは、活性酸素の働きを抑制・除去し、
体を若々しく保ってくれます。

・血流をよくする
・動脈硬化の防止
・がんへの抵抗力を高める (ピロリ菌への殺菌作用があり、胃ガンなどを減らす)

抗菌効果
有機酸(リンゴ酸、酒石酸、乳酸、琥珀酸、クエン酸など)はワイン全般に豊富に
含まれており、この酸やその他の成分の働きによる抗菌作用があります。


【白ワインの効能】

新陳代謝を高める
カリウムを多く含むので、ワインを飲用すると利尿作用により、新陳代謝が活発になります。
また、カリウムは血圧も下げます。

抗菌効果
赤痢菌、サルモネラ菌、大腸菌などの食中毒菌への抗菌力が強い。


【共通の効能】

リラックス効果
少量のアルコールは緊張をほぐしてストレスを解消し、眠りを誘う効果があります。

痴呆を抑える効果
神経伝達物質や記憶に関係する物質を分解する酵素の働きを妨げる物質を持っています。



アルコールに弱い方はお料理に活用するとよいでしょう。
ワインの抗酸化作用は加熱しても有効です。


食欲の秋、美味しいワインと料理を楽しみましょう。


ボジョレー(フランス語: Beaujolais)は、フランス南東部・リヨンの北に
位置する土地で、特にワインの産地として知られています。

ボジョレーヌーヴォーは、それぞれの国の現地時間で11月の第3木曜日の未明の
午前0時に一般への販売が解禁されますので、美味しいヌーヴォーは早めに予約
しておくことがおすすめ!


★ENOTECA Online ワイン通販

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



こちらも是非ご参考に
All About グルメ・ワインより
ワインが際立つ飲み方と料理
http://allabout.co.jp/gm/gl/21870/







関連クラフト
【収納】【DIY】ワインの木箱やコルクで素敵なアレンジ アイデア集
http://matome.naver.jp/odai/2133749215812053601




ラベル:健康 食品
posted by green at 08:00 | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。