悩み解消 Happy smile > ハーブで健康

2011年11月29日

ハーブで健康

人気ブログランキングへ

一般にハーブという場合、特にヨーロッパで薬用の薬草やスパイス等として有用な植物を
指します。

野菜や穀物のように大量に生産される物や、「花卉」と呼ばれる観賞植物は除外されるのが
普通で、香りや辛味、苦味などの風味を楽しむために少量用いられるキッチンハーブを指す
ことが多い。

劇薬として有用なものをも含むため、いわゆる有毒植物もハーブに含まれ、使用や栽培に
許可が必要なものもあります。

語源からすると、元々木本植物は有用植物ではあってもハーブではなかったと思われますが、
現在ではローズマリーやローリエ等、木本植物であっても、一般にハーブとして扱われる物も
多いようです。

ヨーロッパとは関係がなくても、薬用や調味用に小量使われる草もハーブと呼ばれています。

また、ローズヒップ(バラの果実)の様に、植物全体としては通常ハーブには含まれなくても、
その実や花弁等の有用部分のみを指してハーブと呼ぶようなものもあります。

更に、一般的な植物名とは別に、ハーブ等として利用する時に使用される固有の名前を持つ
ものもあります。

出典:Wikipedia

ハーブは「私たちの暮らしに役立つ植物」と言えます。


【これからの季節に役立てたいハーブ】

・安眠に効果的

ラベンダー
   ピローやポプリにして寝室に置くと、心を静かにしてくれます
カモミール
   寝る前にハーブティーにして飲むと、やさしい香りと味が心を落ち着かせてくれます


・風邪に効果的 
ハーブティやハーブバスで

カモミール
   風邪の引きはじめに
タイム、ヒソップ、マロウ
   殺菌力があり、のどの痛みやせきを鎮めるのに効果的


・お肌に効果的
殺菌・抗菌作用を持つハーブローションで肌を清潔に保ったり、ビタミンCを含む
ハーブティで

カモミール
   毛穴の汚れを落としたり、肌を引き締める作用があります
ローズ
   ローションは乾燥肌もオイリー肌も整えてくれます
ポットマリーゴールド
   皮膚や粘膜を保護します


・貧血予防
鉄分の吸収をよくするビタミンCを含んだハーブや、血行を促進する働きのあるハーブを
積極的に摂ることが大切
お料理やハーブティで

ローズマリー
   血行を良くする働きがあります
レモングラス
   強壮作用があり、血行を良くします
ローズヒップ
   ビタミンCを多く含みます


・リラックス効果 
ハーブティやハーブバスで

ラベンダー
   鎮静効果や疲労効果があり、ハーブティやハーブバス、ピローと幅広く使用可
ローズ
   ハーブティにすると、レモンの香りで元気が出ます
   華やかでエレガントな香りは、不安な気持ちを抑えます


このようにチェックしてみると、特に冬にはカモミールが欠かせませんね。


リプトン カモミールハーブ アルミ 50袋 / ユニリーバ・ジャパン   【メール便対応商品】カモミールジャーマン〜10g単位 ハーブの量り売り〜 【ハーブティー】ハーブティー】【あす楽対応_本州・四国】   美健 フラーデアロマオイル  カモミール 10ml【HTRC3】 / 美健



他の症状にも効果的なハーブがいろいろあります。
下記サイトをご参考に、ご自身の症状にあてはまるものを試してみてください。


<参考>

ハーブのホームページより
ハーブの効能一覧
URL:http://www.myherb.jp/main/contents/rilax/kounou.html



<関連記事>

ハーブの効能いろいろ
http://2011green.seesaa.net/article/178205910.html


美肌ケア
http://2011green.seesaa.net/article/189543555.html




【 英国貴族の生活を離れて、日本の田舎でハーブ・ライフ オリジナル・レシピ110 】
貴族の生活を捨て、自分にとっての幸せを追い求めてきたベニシアさんが、
ハーブのある田舎暮らしを提案。

約30年前にイギリスの貴族社会を飛び出してきた著者は、今京都・大原の豊かな自然の
中にある築100年の古民家に暮らしています。
家のまわりには、幼い頃から憧れていたコテージガーデンを造り、200種類以上のハーブを
育て、手作りライフを楽しんでいます。

自ら育てたハーブを使って作るのは、料理からスキンケア、石けん、防虫剤、風邪薬など、
生活に必要なありとあらゆるもの。

著者が自分のオリジナル・レシピ約110点を初めて公開し一冊の本にまとめたものです。
そして、大原での暮らしと四季折々の美しい風景写真を紹介し、田舎暮らしの楽しみや、
イギリスの屋敷で暮らしていた日々の想い出をエッセイに綴りました。
ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia's Ohara Herb Diary [大型本] / ベニシア・スタンリー・スミス Venetia Stanley-Smith (著); 梶山 正 (かじやま ただし) (翻訳); 世界文化社 (刊)



メディカルハーブ―薬用ハーブ完全図解ガイド [単行本] / ペネラピ オディ (著); 英国ハーブソサエティ (編集); Penelope Ody (原著); 近藤 修 (翻訳); 日本ヴォーグ社 (刊)   ハーブ図鑑110―栽培と利用法の実践ガイド [大型本] / レスリー ブレンネス (著); Lesley Bremness (原著); 槙島 みどり (翻訳); 日本ヴォーグ社 (刊)



ラベル:健康 エコ 美容
posted by green at 00:00 | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。