悩み解消 Happy smile > 人参パワー

2012年01月13日

人参パワー

人気ブログランキングへ

人参のおいしい季節は、秋から冬にかけてです。

最近は温室栽培や品種改良で、野菜の旬が判りづらくなりました。

冬が旬といえば根菜類、滋養強壮や免疫力の向上が期待されます。

根菜のもつ健康効果は
 ・カリウムが豊富で体のむくみをとる
 ・ビタミンCを含むものが多いので、カゼ予防に効果的
 ・体を温める作用
など

根菜類は、土の中でビタミンやミネラルなどの栄養分をたっぷり蓄えているため、
積極的に摂ることにより、冷え性や風邪の予防もできます。

寒い冬を乗り切るために、煮物や鍋物、スープ、温野菜等の献立を増やして、
身体の中から温まりたいですね。

特に人参は、根菜の中で唯一「緑黄色野菜」に分類され、野菜の中でも栄養的価値が
高いことで知られています。

【人参】
細長い東洋系品種と、太く短い西洋系品種の2種類に大別され、ともに古くから薬や
食用としての栽培が行われてきました。

日本では江戸時代に栽培されていた品種は東洋系が主流でしたが、栽培の難しさから
生産量が減少し、西洋系品種が主流になっています。

ビタミンA、カロテンが豊富で、緑黄色野菜に分類される。
カロテンの呼称がニンジンの英語名である「キャロット」に由来するように、ニンジンの
カロテン量はずば抜けて多く、中くらいの半本で、1日の必要量がとれるほどである。
またビタミンB・C、カルシウム、鉄も多く、栄養的価値が高い。

カロテンを多く含むため、リコピンを多く含むトマトといっしょに食べると癌予防に
よいと言われている。

ニンジンにはビタミンCを失活させるアスコルビナーゼという酵素が含まれているので
生食は好ましくないとも言われている。

この酵素のはたらきを抑えるには、加熱調理を行い、生食時は酢やレモンを混ぜて調理する
とよいそうです。

出典:Wikipedia

上記のとおり、人参にはカロテンが豊富。
βカロテンは抗酸化作用を発揮して活性酸素による害を防ぎ、体の抵抗力を高める働きがある。
一方でαカロテンも豊富に含み、肺がんや肝臓がん、皮膚がんの予防に効果が期待されている。

これらカロテンは、体内で必要な量だけビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を健康に保つほか、
眼の角膜を正常に保ち、夜盲症や眼精疲労、角膜の乾燥などを予防する働きがある。

この他、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、風邪などの予防などにも効果的とされている。

また、人参の葉も緑黄色野菜で、ビタミンやミネラルが豊富に含まれ、カリウム、カルシウム、
ビタミンCは、根の部分よりも多く含まれる。

出典:食彩辞典U http://www.daiichisankyo.co.jp/healthy/hlmethod/syokusai2/01/healthy.html

クックパッドでは、300を超える人参を使ったレシピが公開されています。
URL:http://cookpad.com/category/521

人参はお料理に彩りも添えられます。
是非、参考にしてパワーの付く美味しい料理を作ってください。


★無農薬野菜のミレー
 新鮮野菜を産地直送・・・旬の有機野菜や無農薬野菜を中心に宅配





Oisix(おいしっくす)







ラベル:健康 食品
posted by green at 00:00 | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。